解剖学

前脛骨筋

前脛骨筋イラスト

まず初めに!ヘタなイラストで申し訳ありません!!

下腿(膝より下)の前区画にある筋です。だいたいイラストの箇所

運動の作用としては、足首の背屈(上に向ける) 運動中・特に歩行・走行中の遠心性にも求心性にも作用してます。

運動・エクササイズ

 

椅子に座って行う場合、踵を少し引いて、つま先を上げる。だけでも作用します。

ズルズル歩行、スリ足歩行になってる人は意識してみるといいかもですね!

他の箇所の運動をからめたりする目的でカーフレイズというメニューを組んだりもします。

カーフレイズやりかた

→ 立った状態で、踵の上げ下げ。だけです!厳密にはトレーナーさんだったりの話を聞いたりすると尚◎です。

カーフレイズのマメ知識

よくフレイルや、骨粗鬆症予防講座などで、カーフレイズをする時に踵を床にドンドンと衝撃を強くするやり方が案内されていたりします。主に鍛えるのはふくらはぎですけどね(*’ω’*)

骨って、力の加わり方・方向なんかで頑丈さに影響したりもするので覚えておくといいかもですね!(ちなみにウォルフの法則ってやつです)

おまけ

起始:外側顆・脛骨近位外側面

停止:第一中足骨・内側楔状骨

支配神経:深腓骨神経(L4~S1)

ABOUT ME
えびす
えびす備忘録の管理人「えびす」です。