軽い運動/ストレッチ

ウエストを絞るトレーニング!初級編

ツイスト①

お腹周りのお肉が気になっている、特に横のところのやつ。

中々落ちにくいですよね・・?

お腹のトレーニングは色々ありますが、今回はウエストを絞る事を1番に考えてメニュー作成です。

世の中には既にあるのかもですが(笑)

今回お伝えするメニュー、基本はツイストと呼ばれるメニューのもので、ツイストを出来るだけ運動の負荷を下げた構成でお伝えします。

ここのブログでは、出来るだけ優しい方法でトレーニングを行うキッカケになって頂ければという思いでお伝えしています。

分かりやすくするために、イラストも付けてお伝えしていきますのでお付き合いくださいね_(._.)_

こんな人にオススメ

  • お腹周りが気になる人!
  • 色々やってみたけど、腹筋運動キツい!
  • まずは優しい方法から・・

基本的なやり方

①床に寝て行います。

②腕を上げて手を握る

③手を左右に振る

動きとしては、たったこれだけです!簡単でしょう?

とは言っても、ポイントはありますので以下で補足を解説していきますね(*’▽’)ノ

スタートポジション 

ツイスト①

今回のエクササイズは本当に簡単です。

①床に膝を立てて寝ます。

②イラストでは分かりにくいですが(自前イラストなので許してください!)

 身体を安定させる為に足を少し開きましょう。

③腕を垂直に上げて、手を握ります。

運動強度・負荷を上げたい場合はイラストの様にペットボトル等で重りの調整を!

エンドポジション

動きだけで言えば、スタートボジションから腕を左右に倒すだけ!

この時は出来るだけ、肘も真っすぐにしましょう。

以下のポイントで詳しく書きますが、腕を倒す時は息を吐きながら行います。

 ツイスト②

実施する際のポイント

左右に倒す時に、息を吐きながら倒します。

ここで余談ですが、息を吐く時の方法で身体の使い方が変わってきます。

フーっと吐く時はお腹に力が入ります。

 逆に

はぁ~っと息を吐くとお腹が緩む、といった作用がありますよ(‘ω’)ノ

リラックスさせたい場合では、「はぁ~」の呼吸を行いましょう。

で、今回は呼吸の話ではないので、またの機会にしたいと思います。

 本題

トレーニングの時は「フーッ」で統一で行いましょう。

腹圧を高める事が大事になります。

左右に腕を倒す時、お腹を凹ませるイメージで息を吐きます。

左に腕を倒す時に、右の肋骨の下の方にグーっと力が加わる感覚があればオッケーです。

リブフレアとの関係

リブフレアって何?という方もいらっしゃると思います。

物凄く掻い摘んで解説しますと、肋骨って通常だと胸の上の方が広くなっていて、下にいくと狭くなるのですが

”猫背+お腹が出た姿勢”が続き、横隔膜と言われる筋肉が緩み肋骨の下の方が広がった状態。

この状態が続いてしまっている事をリブフレアと言います。

この状態の方は、お腹が物理的に広がってしまいますので改善させた方がいいかなーと思います。

顕著にこの状態になっている方は、プロのトレーナーさんにお世話になる事も考えてみてください。

今回紹介したエクササイズですが、実際やってみるとどうでしたか?

肋骨の下の方がしっかり身体の内側に入っていくのが実感出来たと思います。

この運動を行う事で、肋骨の動きも改善されてお腹周りもキュッと絞れる事が期待できますので

是非続けてみてくださいね!

 

運動をする事で脂肪燃焼をさせプロポーションを改善したいと思われる方もいたかもしれません。

もちろん、間違いじゃありませんし、肥満の予防にも運動は大事です。

ただ、猫背もそうですが、今回の様に身体の使い方による改善効果もあったりするのも事実です。

これからの運動・エクササイズをする時は、筋や骨格のポジションの改善も目的に考えると面白いかもしれませんね!

ABOUT ME
えびす
えびす備忘録の管理人「えびす」です。